2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/15 (Tue) 2011.3.11

子供の体調が悪く、自宅にいると、テレビから、緊急の音が流れてきました。
すこしすると、画面に、想像できないほどの震度の表示が表れました。

東京に住む父と母にすぐ電話をしました。
その時は、連絡がつきましたが、その後続く余震などから、兄姉、友人がとても心配になり、
何人か連絡を取りましたが、時間が進むごとに連絡がとりずらくなりました。

その後、信じがたい状況を流す、映像が次々とテレビから流れてきました。
言葉もありません。ただただ、震えて涙が流れるばかりでした。

ただでさえ、電波がつながりにくい中、直接的に被災に合われた方や、
また、その地に住む家族への連絡を取りたい方へ、少しでも、回線を空けるには、
それ以外の人は、自粛することとニュースできき、それ以来、連絡は止めました。


被災地では、想像すらできない、現実に合われた方がたくさんおられます。
被災された方、安否不明の方、避難所で、つらい思いをされている方、余震、原発、
実際そこにおられる被災者の方も、
現場第一線で、救助復旧、すべてに全力をかけて
活動されてる方も、
また、その第一線で、活動されている方のご家族、
どうかどうか、もうこれ以上、お体はもちろんですが、
心も、精神も、折れてしまわないようにと本気で、頭を下げて、
願うばかりです。



西日本と、東日本では、
電流の周波数が違うので、西日本から送電する場合は、
長野や静岡など3カ所にある周波数変換施設で東日本の周波数に変える必要があり、
また、送電できる電力も限られていると聞きました。
離れている土地の節電は、なんの力にもならないかもしれないけれど、
それでも、できることは、少しでも。
微々たる力でも、少しの募金。
節電で力になれないなら、
携帯の使用をなるべく控えて、回線をあける。

なにかできることを少しでも。



どうかどうか、一日でも早く、
被災地におられる、すべてのみなさんが、
一瞬でも、心や体が休まる時が訪れますことを、
本気で、祈ります。


思い。願い。 |


| TOP |

プロフィール

RICO

Author:RICO


2012 winter
THE 10TH
CELEBRATION MEMOLY!!

marche' FINAL!!!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

LINK

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。